スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産と最大の敗北


列車でムンバイから世界遺産のエローラ アジャンタのベース基地になるアウラガンバードへとむかう


基本インドの旅は夜行バス夜行列車



寝心地は決して良くはないけど

寝てる間に移動できるし


宿代も節約できるのでなかなか使える

ただ、景色がみれないのと 朝着いてホテルで二度寝しないと体力がもたないのが難点




そんなかんじで朝5時アウラガンバード到着


まだ外は真っ暗

駅のリタイヤリングルームをさがすもみつからない。。。

客引きのタクシーの運ちゃんに安い宿を紹介してもらう。


さらにタクシー代は10ルピーでいいと


朝一番のビジネスがうまくいくとgood luckらしい


この言葉を使って商品を売りつけてくれる奴もいるが



案の定ホテルで二度寝

ホテルのオーナーはいい人だが笑顔でお金のギフトを求めてくる
IMGP0896.jpg

この日は街をブラブラする予定だったけど


街は広くて歩いては無理そう




するとスタッフの一人が200ルピーで何カ所か周ってくれると



リキシャーよりも安かったし、お願いすることに




タージマハルのパクリ



IMGP0513.jpg

がこのスタッフあまり英語は喋れず、、、少し苦労


ホテルの名前は忘れたけどスタッフはいいひとだったなー




で次の日はアジャンターケーブ

ほんとは誰かとリキシャーをシェアして行きたかったけど誰とも出会えず、結局バスで行くことに

このバス100キロ近い距離を移動したのに運賃は90ルピー 180円くらい


ただサスペンションないだろってくらい振動が直にくる笑







そしてこの旅最大の敗北を喫する



アジャンターケーブは9時半からしか入れず


到着したのは9時



まわりにはお土産屋がたくさんならぶ



チケットを買ってチケット売りのおじさんが彼について行けと初老のおじさんを指さす


彼はアジャンターがまだ開いてないからと安いレストランを紹介してくれた


そのあと彼のコレクションを見せてくれると



彼のお店へ連れていかれる

インドではよくある手だった



見るだけといって店に連れ込んで買わせる

でも断固としてノーと言えば大丈夫


彼のお店は鉱石屋さん


地味に鉱石(アメジストとかタイガーアイ)とか好きな仁22歳 独身



アメジストに少し興味をもつ


が奴らはコレとタイガーアイをセットで7000ルピー 14000円くらいで売ろうとしてくる



まぁ買わんよね



ディスカウントして6200ルピー13000円くらいと言ってくる


たけーよ




俺がノーというと



彼らはいくらくらいが予算なのか聞いてくる


無理な値段を言ってやるつもりで電卓に2000を打ち込む











「よし売った!」




!?








まさかの言い値!!!



そして2000なら買うと言ってしまっている以上



あとには引けずお買い上げ





やられたね


上手いわ







インド最大の敗北です






気を取り直してアジャンター観光へ

IMGP0565.jpg

アジャンターにはがちで日本語はなせるインド人がいます。

ガイドを断るとめんどくさいけど

まじで日本語はなせます

お金に余裕があるなら頼んでいいかも


アジャンターはこんなかんじ
IMGP0813.jpg




IMGP0579.jpg



IMGP0597.jpg

コレをミノだけで作ったなんて人間ってやればなんでもできるもんなんですねー

人妻かー
IMGP0603.jpg

初恋の人はインド人みたいな顔だったんだよなー笑

で見晴らし台に行くとたむろってる少年と遭遇
IMGP0629.jpg

近くの村の少年らしい

すると彼らが村に招待してくれると


そんなかんじの詐欺を聞いたこともあったけど


ついて行くことに

ちなみに彼は山羊追いのための鎌をもっていたので少し怖かった

彼らの村
IMGP0711.jpg


日本人が来たのははじめてらしい
IMGP0686.jpg

チャイをいただく

IMGP0703.jpg

みんなやさしい人達だった
IMGP0699.jpg

やっぱりいインドは田舎がいい

IMGP0721.jpg

ひとりの男の子は山羊の足をつかんで

ダイレクトにしぼって

おれに飲ませてくれる

IMGP0740.jpg


ワイルドだろぉー
あったかいミルクは赤ん坊のころ以来でした



かえりはバス停まで親切な兄ちゃんが送ってくれる


アジャンターケーブは金沢大学が結構調査を援助してるらしい

ODAでも援助してる

やるじゃん日本
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海外でも「ワイルドだろー」は有名なのかい?

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
プロフィール

emmotto

Author:emmotto
CHANGE THE WORLD
自然の中で生物的に生きるをモットーにしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。