スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

climbing

Jak se mas?
IMGP9124.jpg


ニュージーの庭先にはアルパカがいるんですね


最近鼻の穴のなかにカサブタができました。

鼻くそじゃありません

それを一日一回剥がしたくなる衝動に駆られています。

エンモトです

サイトのトップにスポンサーサイトのバナーがでてきたのを見た瞬間

「あぁもう終わりだな、そもそもニュージランドのネット環境は厳しいんだよ」


と思いましたが


B10通信に立派なリンクが貼られてるのをみて

ちゃんと書こうとおもいなおひました。





書ける限りね。






ホテルの仕事も終わって少しお金が入ったので



この一カ月は山籠りと知人訪ねをしてきました。



といっても山籠りでお金使うのはガソリン代くらいなんですがね。。。


山籠り先はレイクピアソンキャンプ場


ここはキャッスル昼から20kmのとこにありフリーキャンプサイト


なので宿泊費はタダ。





湖のほとりにあって朝はすごいきれい。

IMGP9133.jpg


IMGP9134.jpg


とはいえ一人でずっとテント生活をしていたのではなく。

同じくワーホリで日本からきて

一カ月前からこのキャンプサイトに籠っているクライマーカップルJunさんとAsukaさんと共にキャンプ生活を過ご
していました。

IMGP9166.jpg



IMGP8862.jpg

Junさんは昔ニュージーにワーホリで来ていてその間撮影された[Aoteara Raka]というキャッスルヒルのクライミングムービーのほぼ主役的クライマーで登っていた方で

YouTubeでキャッスルヒルクライミングって検索したらたぶん出てくるので気になる人はぜひ。
IMGP9116.jpg


Asukaさんもクライミング初めて一年そこそこにも関わらずV6を量産して登る女性クライマーで先日キャッスルヒルで行われた外岩コンペでは俺よりも高得点をたたき出して女性部門優勝されてました。
そんな2人と1ヶ月間登らせていただいていました。


現在トライ中の課題

Phoenix(V7)
20120318173048b2d.jpg


Phirtrum(V7)
IMGP4151.jpg



いまだにV7の壁は超えられません。。。


もちろんその二人だけではなく



キャッスルヒルは世界的に有名なクライミングスポットというわけで



同じキャンプサイトにいた、元軍人のイスラエル人のアメルやベジタリアンのスロバキア人カップル、リーチが異常なほどあるチェコ人カップル、ドイツ人の男2人、ドイツ人カップルなどなど、いろんな国籍の方と楽しく登らせていただきました。


特にアメルからは中東の国情勢など日本人が疎いところをいろいろ教えてもらえました。

日本のメディアはそういうところをちゃんと報道してくれないのにね。。。
RIMG0057.jpg

もっとCNNテレビとかを日本語吹き替えにして放送したほうがいろいろ知ることができると思うんですけどね。

ニュージーランドは英語圏だからそういうテレビを地上波で見ることができるし。

国のニュースより海外のニュースのほうが大きく取り扱われてるような気がします。



とはいえ一ヶ月間ずっとそこにいたのではなく

日本人クライマーで今はウエストコーストで氷河のガイドの仕事をしているTaichiroさんんのおうちを訪ねさせていただきました。
P3030019.jpg

彼のプロフィールについてはこちらをvimeo.com/24438335







*以下動画を見てからのほうがわかりやすいかも*






彼の生活
おうち
IMGP9282.jpg


敷地内にあるクライミングウォール
P3030004.jpg

お風呂(焚火)
IMGP9451.jpg

フラットメイト(ブレンダ )
IMGP9460.jpg

家の前の川(リバーチュービング・カヤック可)
P3030048.jpg

バーベキュー(丸ノコ)
IMGP9280.jpg

お隣さん宅
IMGP9448.jpg

職場の街(こじんまりとしたおしゃれな街)
IMGP9294.jpg

氷河もガイドしていただいました。

IMGP9317.jpg

IMGP9417.jpg

IMGP9350.jpg

氷河にはボルダーもあります。
IMGP9426.jpg

写真がないんですが近くには海があってそこにはマッスル貝・ココ貝・ピピ貝が簡単に獲れる上に
浅瀬に網をしかけといて魚を獲ることも可能です。


最近ハンティングのライセンスをゲットして、猟銃も手にいれたそうです笑




















彼は言わずもがな

僕が理想としているような生活を送っている方でした。



これ以上の言葉にはできないほど、僕の理想に近い方でした。



自然の中に生きて、自然からの恵みを得て生きて、自分が一生命体として生きていることを実感できるフィールド



まさにウエストコーストはそんな所でした。




さらにさらに今この氷河ガイドの仕事は求人をだしていて
ここで仕事をできたらなと目論んでいるエンモトでした。








で今はといいますと、Jun&Asukaさんはオーストラリアに行ってしまい。

僕は日本人クライマーのMasayaさん宅に居候させていただいてます。

奥さんのYukoさんが日本に帰っている為、現在主夫として活躍させていただいております笑

旦那さんの帰りを待つ専業主婦の気持ちがわかってきたような気がします。。。。

料理作るの相当気つかいますね。。。。


で来週からはワナカへ行ってきます。



クライマーにお世話になりっぱなしのエンモトでした。

B10通信の更新を楽しみにしてます


ではまたー
IMGP8906.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

emmotto

Author:emmotto
CHANGE THE WORLD
自然の中で生物的に生きるをモットーにしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。